口臭は歯磨きだけではダメ。3か月に一度は歯石を取ろう。

歯磨きしているから口臭対策は大丈夫!

そんな風に思っていませんか?

歯磨きをどんなに頑張っても口臭は消えない方は、歯医者で歯石除去をお願いしてみましょう。

何かを食べた後、歯磨きをしないでいると歯がネバネバしますよね。

これを歯垢(しこう)といって、細菌が発生している証拠です。

細菌は自分の周りにバイオフィルムと呼ばれるネバネバを出して居心地の良い巣を作ります。

歯磨きでこの歯垢を落とすのですが、完全には落としきれません。

歯垢が食べ物や水にふくまれるカルシウムイオンと結びつくと、歯磨きでは落としきれない歯石になってしまいます。

歯石が付くと歯の表面がザラザラしてくるんですが、こうなると食べかすや菌が引っかかりやすくなります。

この繰り返しで地層のように歯石が蓄積していきます。

http://www.khaosoi.jp/

問題は、この歯石の中で細菌が生きているということ。

歯磨き程度の攻撃ではびくともしない要塞を築いているんです。

この要塞の中で、細菌は食べかすを分解し、「臭い分子」や「毒になる分子」を作り出します。

「臭い分子」は口臭の元になる臭いですね。

「毒になる分子」は歯を溶かすだけでなく、歯茎の腫れと膿、出血を起こします。いわゆる歯周病です。

菌にとって栄養豊富な膿や血液を利用できるようになれば、これを分解して仲間を増やしながら、「臭い分子」を作り出します。

ちなみに、歯石1gの中に100億の菌がいるそうですよ。

歯石という要塞の中で100億もの最近が臭い分子を生み出していたら、歯磨きだけでは太刀打ちできませんよね。

この歯石を破壊するための攻撃方法が超音波です。

細菌の要塞になっている歯石の除去では、歯石は破壊するけれども健康な歯にはダメージを与えない武器、超音波スケーラーとエアスケーラーを使います。

超音波スケーラーとエアスケーラーのあとは歯石が付きにくくなるフッ素コートを施して、また2~3か月後に除去します。

歯周病になっていると最初は痛いかもしれませんが歯石除去をなんどか行っているうちに歯周病が収まってきます。

そのころには口臭も随分収まっていることでしょう。

口臭が気になる方で歯石除去を習慣にされていない方はぜひ一度歯医者さんにご相談ください。

歯の病気は全て、歯磨きで解決します。

歯磨きが疎かになると、まず口臭が酷くなりますが、自分ではまず気がつかないし、他人も気を使うのか指摘してくれません。http://www.khaosoi.jp/

私が自分の口臭に気がついたのは、持病で入院して2ヵ月後、ある程度は自由に手足が動かせるようになった頃、お見舞いに来た兄に指摘された時のことでした。
大急ぎで自分用のカップと歯ブラシ、歯磨き粉を用意してもらい、歯を磨いてみたら、吐き出した歯磨き粉の泡がこれ以上は無いと言うくらいに真っ赤。
しっかり歯周病が進行していたのでした。

慌てて歯科医に診察を受けたら、「それほど酷くはなっていない。しっかり歯を磨いて、歯石を取るとかの手入れをすれば大丈夫。」とのことでした。
「歯石を取るなんてやった事ないぞ。どうやるのだ?」とビビッていたら、歯科技工士さんが先の曲がったニードルみたいな器具で歯と歯茎の隙間を掃除してくれました。
施術の間にうがいをしたら、細かい血の塊が、うがい薬と一緒に吐き出されてきます。
その後、歯間ブラシの使い方や、正しい歯磨きの仕方の指導を受け、その時の治療は終わりました。
それ以降も、歯を磨くたびに出血していましたが、2週間くらいで止まりました。
今では歯科技衛生士さんや歯科医師から「良く磨けてますね。これなら心配はないでしょう。」といわれる様になりました。

皆さん、歯を磨くに越した事はありません。

お肌の悩みはいくつになっても

ただいま私は52才。
この年になると、肌の悩みはすべてにチェックを入れるほどになる。
『シミ』『シワ』『たるみ』『くすみ』『ほうれい線』
全員出動しております。
唯一の救いは、ニキビは若い時から出来なかったので、吹き出物に悩まされる事だけは今でも無い。
自慢にもなりませんが。

http://www.socialdiningnetwork.com/

目が悪い私は、30代半ばまでは眼鏡生活でした。
眼鏡生活の時は、化粧をする時はもちろん眼鏡を外し、化粧をしてから眼鏡をかけるわけですから、自分のスッピンはぼやーっとしか見えてなかったのですね。
コンタクトに変えて、
「うわー!世の中の景色はこんなに明るかったのか!」
と、感動をした直後に鏡を見て、
「うっわー!私の顔ってこんなに汚かったのか(泣)」
と、大ショックを受けました。
休みの日にスッピンでふらふら買い物してた事を恥じた瞬間でした。

一番気になるのがシミで、
「シミが出来たとたんに緑茶パックをしたらシミが無くなったのよっ」
という知人の体験を聞いて、すぐに緑茶パックをしたり、シミ取りクリームを買ってみたり、レモンの精油をつけてみたりした30代。

美容外科へ行こうか、自然に任せて老けて行こうか悩んだ40代。

50代になった今、もうシミ消しは諦めました。
お化粧すればどうにか誤魔化せるし。
コンシーラーもあるし。
シミなんてご愛敬。

しかし、今度はその化粧を崩れさせないためのシワ取りたるみ取りが課題に。

毎夜、ペットボトルを口にくわえて美顔体操に励む52才。

いつくになってもお肌の悩みは尽きないのであります。

40歳を過ぎたら曲がり角?!髪の悩みについて

若い頃には考えもしなかった髪の悩み‥

40歳を過ぎた今、明らかに10年前とは髪質が変わってきました。

・髪がうねる、はねる

・頭皮が目立つようになった

・白髪が見え始めた

・トリートメントしても思うようにサラサラにならない

・毛先が常にパサついている

これら髪の悩みは加齢によるもの。

お肌も歳と共にハリがなくなりたるんでくるように、

頭皮も加齢により新陳代謝が落ち、血行が悪くなることにより、髪に栄養が行き届かなくなります。

加齢による髪の悩みは、トリートメントなど外側の対策だけではコントロールが難しくなってきます。

土台である頭皮をしっかりケアして、根本的に対策する必要があります。

トリコレのスパ効果を徹底検証!

【40代からの髪のエイジングケア】

1.ヘッドスパで毛穴をクレンジング

2.アミノ酸シャンプーで髪をいたわる

3.頭皮マッサージで血流改善

4.入浴でしっかり血行促進

5.ナノ系ドライヤーでヘアケア

6.筋膜リリースで頭皮の凝りを解消

7.ホリスティックトリートメントで毛髪のタンパク質補修

【加齢による髪の悩み改善ポイント】

頭皮のケアをしっかり行い、血流を改善することで、栄養がしっかり髪に行き渡ります。

頭皮に優しいシャンプーを使い、ダメージを減らすためにいいドライヤーで髪を乾かす。

時には美容院でヘッドスパをして汚れをオフ。

そして基本である、栄養バランスの良い食事と適度な運動、良質な睡眠をとることが大切です。

すぐに効果が出るとは限りませんが、健康で美しい髪を維持するためにできることから少しずつ始めましょう。

「ホットタオル」でお肌をやわらかく

スキンケアを一生懸命続けることがだいじだと実感しています。化粧水、乳液、美容液、マッサージできちんとお手入れをしていますが、毛穴の汚れが気になり、お肌をやわらかくして、うるおいがほしいと思いました。使っているスキンケアにプラスして、お金をかけずにケアをしたいと思い「ホットタオル」をプラスしました。

「ホットタオル」をするだけで毛穴の汚れが気にならなくなりました。
蒸気で毛穴を緩めて、毛穴の汚れを取り除きやすくなりました。

ヴィオテラスCセラムがもたらす効果

「ホットタオル」はお肌に負担をかけないし、温めることで血行が良くなるのでターンオーバーが(お肌の生まれ変わり)整いやすくなりよぶんな角質が取り除かれ、毛穴の状態を改善できます。
いろいろな使い方ができる「ホットタオル」ですが私は夜のスキンケアの前と、マッサージのあとに使っています。「ホットタオル」をお手入れの前に使うと化粧水・乳液・美容液の浸透がよくなります。マッサージクリームをお手入れティッシュで拭き取ったあとに「ホットタオル」をするとお肌がやわらかくなるしリラックスするのを実感できます。

お湯にぬらすだけでも簡単に「ホットタオル」がつくれます。でもお湯の温度は45℃~50℃だからやけどをしやすいので私はゴム手袋をしています。
電子レンジでも作れます。タオルを水でぬらしたあとに、ラップで包み、30~60秒、電子レンジで温めるだけでできます。レンジで温めたタオルは熱いのでやけどに注意が必要です。

「ホットタオル」は鼻の周辺を避けてお顔、全体を覆うように置き、約3分置いています。
ちなみに目が疲れているときにはホットタオルを目元にのせると疲れ回復に役立ちますよ。

乾燥がとまらない 50代の肌事情

50代ともなると、肌のトラブルも一つや二つじゃなくなりますが、その中でも圧倒的なのが「お肌の乾燥」です。ヴィオテラスCセラム

顔はもちろんのこと、体中どこもかしこもカサカサになってしまうので乾燥からの痒みにも悩まされます。

そんなところから、イライラしたりストレスがかかりメンタルまで病んでしまうといった二次的な悩みも増えてきます。

ホルモンバランスが崩れてきているので、今までのようなお手入れ方法ではダメなのはわかっているのですが、なかなか自分に合った改善方法が見つからないまま悩み続けている方は多いと思います。

あちこちの病院にいっても出される薬は似たようなものなので、クリニックを転々とするケースも多いと思います。

とりあえずの対処法で保湿クリームなどを使用したりしますが、頻繁に塗っても間に合わないくらい乾燥の程度が酷い時もあり、保湿効果の高いものを探せるようになるまでは、経済的にも出費が多くなってしまいます。

そうなると、最初から信頼できるクリニック探しの方が良いのではないのかとも思いますが、なかなか難しいところでもあります。

同じ様な悩みを抱えてる女性の対処方法が知りたくていろいろ調べたりもしますが、これといった解決策がないのが困ったところでもあります。

ほんの少しの勇気で綺麗になれた私。

30歳を過ぎたあたりから急に気になり始めた毛穴の開き。
それまではろくなスキンケアもせずにメイクアップばかりにお金をかけていた。
メイクしたまま寝る事もよくありそれでもニキビやしわなど肌に老化は感じなかった。

http://www.eurcold2019.com/

一度気になるとどんどん気になる。
チョコレートを食べた翌日にはすぐにニキビができる。

夜更かししようものならすぐにクマができる。
気になり始めたらとことん気になり、鏡を見るたびに愕然とする。
30歳を過ぎたらスキンケアが大事と何かで聞いたなと思い出してスキンケアにもお金をかけるようになった。
今までろくにスキンケアをしてなかったから化粧水と乳液以外の使い方も順番もわからない。

今までメイクアップグッズしか買っていなかったデパートのカウンターで「化粧水と乳液しか持っていないんです。肌がひどいので一式揃えたいです。」と勇気を出して言ってみた。
手順を全て聞き紙に順番も書いてくれた綺麗にメイクアップしているお姉さん。
お姉さんみたいになりたい!!と幼稚園児のような気持ちで明らかに年下のお姉さんに憧れた私。

今では多少のシミやシワは気になるけど加齢ということで諦めのつく程度で周りの同級生よりは若くみられる。
あの時の勇気がなかったら今の私はいないと思うけどチョコレートを食べたらニキビができてしまうのだけはいつまでも変わらない。

意外と大事な保湿のためのもの

化粧水とか乳液は存外、効果的です。肌によいんですよ、こういうのは。それはそうなのですがどうしてそれが重要なのかというとこれが保湿にダイレクトに影響する部分になるからなんです。化粧水でも良いのですが保湿は有効成分入りの美容液を活用しましょう。化粧水によって保湿できるという認識も間違ってはいないです。
それは正しいのですが化粧水の大半は水です。

透輝美の評判!

多少なりとも保湿力を保つための成分というのが入っている場合もなくはないのですが大抵蒸発したら終わってしまうようなレベルの量なんですよ。それはよくないです。やはり、しっかりとした保湿力のある美容液を利用ることが肌の潤いとか艶を出すために、或いは維持するために必須。
西部中にも多少なりとも詳しくなってというよりはこれは入ってなければ話にならないというようなことを知っておくと良いです。保湿を目的にしているのであればセラミドでしょう。

これが保湿成分としてある意味最強と言えるものになりますのできちんと入ってるかどうかというのを確認するようにしましょう。そして、入っているとしてもどのくらいの量、配合されているのか、もチェック。自分の肌に合う美容液で成分がよいものも選ぶのです。

ローコストのお手入れ方法

ローコストのお手入れ方法が人気です。家庭でできるお肌のお手入れには、お金をかけず、機材を買わない方法をおすすめします。なぜならば、その理由は環境破壊や災害など、どこかにしわ寄せが起こるからです。特に注意したい美顔器、多くのメーカーより販売されています。その上、美顔器は次から次へと新商品が販売されていきます。

http://www.elephant-slackline.com/

美顔器よりもおすすめのアイテム

美顔器は電池、電気などに頼って稼働する仕組みです。ですから一人の女性が美を追い求めると環境破壊が進んでいくのです。そこで、電気、電池に一切頼ることのないアイテムを使い、トリートメントしましょう。指もエコに当たる美容道具です。指先でフェイシャルトリートメントをすれば、自分のエネルギーを使うので自家発電ということに。

環境にも優しく、ゴミも出ません。

保湿はコットンは必要ありません

コットンでパタパタとお肌に保湿している女性も多いですが、コットンに染み込んでしまう液を手に染み込ませた方が効率的です。ガーゼを使用したローションパックも同じこと。ガーゼを使用すると生地に染み込む液が損します。ハンドケアで充分できることを、わざわざ使うこともないのです。こうした工夫が節約には大事です。

ローコストのお手入れ、これを基本にすれば節約にもなります。

出産してからシミが増えた…医療に頼ってしまおうか…

30代後半の主婦です。私には6歳(年長さん)の子どもがいます。子は毎日外遊びばかりで、私もそれについていく毎日です。

私、元々すごく肌が綺麗だったんですよ。デパートのコスメカウンターではいつも、肌のきめが細かいと褒めれられていました。スッピンでもきちんと唇が赤く、それはきちんと唇を紫外線から守るためにUV入りのリップを塗っていたおかげみたいです。

http://www.suteki-smartlife.jp/

と、唇はさておき、肝心なお肌の話です。産後2年目くらいに気付いたんですが、明らかに頬のシミが増えてるんです。自慢の肌だったのに、いつの間にかシミだらけでした。毎日育児に必死で全然気づかなかったんですよ。

美白美容液も使ったことがなかったし、肌に自信があったのが裏目に出たのか、日焼け止めの塗り方も甘かったかもしれません。

もう、ネットで必死に調べました、「シミの消し方」。で、シミには一般的に想像する「老人性のシミ」の他にも、アザに近いしみや、肝斑と呼ばれるものなど、色んな種類があって、それぞれに対策も変わってくるんですって。

美白美容液って大体1万円前後のものが多いですが、それが自分のできているシミに効果がある成分なのか、素人の私にははっきり分かりません。はっきり分からないものを、毎月何万円もかけて塗り続けるのか、もういっそのことシミ取りレーザーに手を出すか。最近本気で悩んでいます。

レーザーって痛そうですし。なにより、クリニックに通わなきゃいけないのも負担です。万一失敗したら今よりシミが増える可能性だってあるでしょう。

コスパがいいのはレーザーなんでしょうけれど、諸々考えると手が出せず、結局効くのか分からない市販の美容液を塗り続けている毎日です。

大切なのは正しい歯磨きと定期健診

自分の口臭がどうなのか、どのような臭いをしているのかはなかなか自分ではわかりません。

キラハクレンズの効果は評判以上!私の口コミと体験談まとめ!

でも、人と至近距離で話す時や恋人と会う時など、いつも気になっていました。昔から歯磨きは朝昼夜の1日3回で、マウスウォッシュなども使うようにしていたので、それほど人を不快にするような口臭ではないとは思いますが、それでもやっぱり気になります。

というのも、自分が人の口臭にとても敏感で、とくにコーヒーを飲みつつタバコを吸う人の口臭は吐き気がするほど苦手で。あの臭いは少し離れた距離で話していたとしてもわかります。あんな風に人に『息が臭い』と思われるのは絶対に嫌なので、歯医者に言った時に相談してみました。すると「あなたが気にするほどの口臭は全然ないよ」と言ってもらうことができました。しかし「歯磨きの回数が多いと言っても、磨き方が甘い」とも言われました。

今は酷い口臭がなくても、このまま歯垢が蓄積されていけば、いずれは口臭がしてしまうかもしれないらしいです。そこで大事なのは正しい歯磨きと歯間ブラシを使用すること。私はいつも歯磨きをする時は1本のブラシでしていましたが、磨きにくい所や隙間は細くて小さいブラシをもう1本使って磨いた方が良いらしいです。

それから、毎日ではなくていいので、歯間ブラシも使用して歯と歯の間に詰まってしまっている歯垢をしっかりと取り除くように言われました。最後に、虫歯を放置することは歯にも神経にも悪いですし、口臭にも繋がるようなので、定期的に歯医者で歯を診てもらうことが大切なのだそうです。これらのアドバイスを元に今は昔よりも歯や口臭に気をつけているので、人と至近距離で話をすることが怖くなくなりました。これからも正しい歯磨きを続けていこうと思います。

私が仕事を辞めた理由

私は仕事を退職しました。

退職代行 嫌がらせ

その理由は、残業と徹夜で仕事をする日が長く続いたためです。

最初のうちは、そのうち終わるだろうと思いながら仕事に取り組んでいましたし、

退職するなんて考えてもいませんでした。

しかし、毎日の残業を重ねていくにつれ「辞めたい」や「いつ残業がない日が戻ってくるのだろう」と

考えるようになりました。

そんな考えを抱きながら、仕事をしていると集中力も欠けましたし、ミスをすることも増えました。

また、休日の出勤、徹夜での仕事、それらが私を無意識に追い込んでいたということもありました。

そのようなことが積み重なり、結果、退職という結論に至りました。

今、思い返してみると後悔はないですが、本当に退職してよかったのかとは考えることがあります。

「誰かに相談していれば違ったのか」、「自分の仕事の取り組み方を変えればよかったのか」と

考えたら、キリがありません。

確かに私は誰にも退職する前に相談しませんでしたし、仕事も効率よくできていたとも言えませんでした。

ですが、そんなことができる状態でもありませんでした。

結果、勢いで退職してしまった感はありますが、自分という人間が壊れてしまう前に退職するべきだと思います。

私は、退職という選択をして正解だったと思います。

ニキビがみるみるうちに治った方法

私は、小学校から大学までずっとスポーツを週7でやっていて美容に関して全くの無煙でした。
元々肌の油分が多い方で荒れやすい肌なのにも関わらず肌のケアを一切していなかったものですから、当然ニキビだらけで、思春期ニキビも大学3年ごろまでありました。

http://www.clubatletismobolanos.com/

大学の4年になった時彼女ができた関係で少し美容について意識し始め自然と肌のケアにも注力し始めました。
ですが何の知識もなかった私は、少し値段の張る洗顔を買って朝、昼、夜ごしごし若干のヒリヒリ感が残るくらい洗顔していました。
時には、洗顔の成分’を少し残した状態(少しぬるぬるする状態)で一日寝かせてみたり等完全独学で試行錯誤していました。

2か月、3か月経てど経てど良くならなかった私はついに肌をきれいにするためにケアの本を買いました。
そこには自分がやっていたことと真逆の事が書かれていて、かなりショックをうけました。
①洗浄力の使い分け。
②洗いすぎは禁物
③すすぎをしっかりする
上記三点を心がけるだけでニキビが消えたどころか肌きれいだねと長所になりました。

①肌の乾燥を感じるときは、洗浄力が優しいもので洗う。肌が乾燥しているときは、油分や水分が足りていない状態。洗浄力の強い洗顔によって肌に必要な油分まで取りすぎてしまい、乾燥してしまうと。乾燥を感じるときは洗浄力が優しいものを選んで使い分ける。

②は①と同様洗いすぎてしまうと肌に必要な油分まで洗い流してしまうのでかえって肌に悪影響を及ぼします。
③これがとにかく重要で、洗顔の洗い残しが一番のダメージになります。洗った時間の三倍の時間をかけて毎日しっかりすすぐよう心がけています。
この三点を心がけた事によってきれいな肌を手に入れ自分に自信がつききれいさに磨きがかかっていくといった好循環が生まれました。