投稿者「yuno」のアーカイブ

人生で始めてわんことの生活

人生で1度でいいから、愛犬との生活を送ってみたい。

そういう思いがなんとなくある中、その思いが叶い、去年から家族として迎えいれました。

ミニチュアシュナウザーの男の子です。きっかけは、知り合いの愛犬とたまたま触れ合ったときになんて人懐っこくて可愛いんだ!!とときめいてしまった私は、犬種やどういう経緯で家族として迎えいれたかも聞いてしまいました。

そんな中、ワンちゃんと生活している夢をみて、起床したときに、ワンちゃんがいない今の生活に違和感を感じ、なんとなく、ペットショップに出掛けて出会ってしまったのです。

室内で飼える小型犬という漠然な思いだけを描いていて、そのワンちゃんの特徴だとかは二の次でした。

Ta-Ta(タータ)は効果あり?購入して3ヶ月間話題の犬用サプリを与えてみた私の口コミ&評価!

慣れないということで、最初は可愛いの前に大変という日々でした。まずはトイレです。ゲージから出していると色々な場所でしてしまいます。ゲージに入れておくと出して出してと吠え始めます。

ネットなどでこちらも勉強しながら、トイレトレーニングをがんばってもらいました。

夜、ゲージの中で寝ているのですが、私が起きてくるとゲージから、出す条件として、トイレをしてもらいます。

「ワンツーワンツー」の掛け声をかけてあげると、ゲージの中でうろうろし始めてトイレをして、そのご褒美として、ゲージから出るというルーティーンになりました。

でも、犬にも気持ちがあるようで、基本、うちのわんこはゲージという空間が好きではありません。なので、今では留守番のときにしかはいってくれません。

トイレは朝、夕方の散歩ですませてしまうようです。

わんこにも個性、性格があります。一緒に生活をしていると、物事に対しての好き嫌いがこちらにも伝わってきます。

ネットでのわんこのしつけなどはあくまでも手探りの中での参考資料だと思います。

あとは、愛犬のことを考えながら、生活を共にしていくのが一番ですね。

犬はほんとに頭がいいです。そして、とても忠実です。

犬がこちらに合わせて生活してくれていることの方が多いと思います。

しつけは人間との生活をするうえで、お互いのことを考えれば最低限のことは必要だと思います。ただ、愛犬の性格や個性を尊重しながらしつけを教えていくということが一番重要視してほしいところだと私は感じます。

太った自分を変えたいと行動した結果

私は中学1年生の時に体重が83kgあったのですが、その当時は成長期だからこれぐらい太っていても平気だろうと軽視していましたが、高校生2年の時でも身長が165cmで体重が86kgなのでまさしく自分は肥満体系なのだと実感しました。

実際、階段を上る時もすぐに息切れを起こしてしまったり、走ること自体が億劫なのであまり運動をしないような生活が何年のあったのでこのような肥満になってしまったのだと思っています。私はそこからダイエットをしていこうと決意しました。

まず食事制限から始めていこうと思いなるべく野菜を接種し、肉類はサラミのみを食べる生活を送るように心掛けました。また、運動も朝のランニングは欠かさず行い、汗が滝のように流れるまで走り込みを行いました。走りすぎて酸欠になりそうな日もありましたが、自分のやせた姿を想像してダイエットに励みました。

1年ぐらいたった時、私は以前友達と遊びに行くときによくはいていたジーパンを履いて外に出かけようとしたのですが、ベルトを装着しないとジーパンが履けないということに気が付き、久々に、体重を測ってみると86kgから74kgに減量していることが分かりました。それが私の青春の思い出であったことは言うまでもありません。

おしり伸ばしで痩せる体験談

私は過去に食事の量の調整や、本に掲載された筋トレやストレッチなど様々な方法を試してきました。ただ、どれもうまくいかず、体重が増えていくばかりでした。そんな私が今年の夏にTVで出会ったのが、「おしり筋伸ばしでサイズダウン」するダイエットでした。

すぐに、著者Naokoさんの本「おしり筋を伸ばすだけで 劇的ペタ腹!」(Gakken社出版)の本を購入しました。本に記載されている、呼吸法と基本のおしり伸ばしをまずは1ヶ月続けた結果、頬の部分をはじめとしたお肌がきれいになり、1kg体重を減らすことができました。

1kgでも体重を減らすことができたのは初めてでしたのでとても嬉しく思いました。この方法が自分自身に合っていると思い、現在まで5か月くらい続けています。ここまで、ワイドパンツの脚の部分に余裕ができるくらいサイズダウンし、体重も3kgくらい減少し、現在も減少中です。また、5か月目にして初めてお腹を引っ込めることができるようになった結果、お腹の部分見た目の印象も少し変化しました。

まだまだ見た目も少しづつ良くしたいと考えていますので、現在も継続中です。また、このストレッチを行った後、プロテインを飲んでいるのですが、そのおかげで食事量も減ったので、ダイエットがうまくいくようになったのは、プロテインの飲用も寄与していると思います。

健康的にダイエット♬

1、基礎代謝をあげましょう!

そのためには、筋肉を増やすことです。

筋トレする?…なかなか続かないですね。

毎日意識するだけで、できること。

《姿勢を意識すする》といいですよ!

正しい姿勢とは…

①壁に背中をつけましょう。

②かかと、お尻、背中、後頭部が壁につくように立ちます。

③腹筋を意識します。少し力を入れてみます。

その姿勢を常に意識しましょう。

日常生活で、意識しましょう。

例えば、朝の歯磨きの時に!もちろん昼と夜の歯磨きの時も。

通勤電車、座れなかった時は、正しい姿勢で立ちましょう。

歩く時は、正しい姿勢を意識しましょう。

2、炭水化物を取りすぎないように

炭水化物とは、ご飯、パン、うどんなどです。主に主食となるものです。

炭水化物を全く取らないとこは、健康とは言えません。

なので、夜は早めに取るか、少なめを意識しましょう。

毎日の適度な運動も続けましょう。

ラジオ体操も筋肉を伸ばしたり、毎朝できるだけ続けると良いです。

ウォーキングもいいです。

でも毎日続けるには、天気のこと、時間など考えると、とても難しいと思います。

なので、歩く機会を作る、またエレベーターやエスカレーターを階段にしてみる。

など、意識すると良いです。

筋肉も適度について、基礎代謝がアップすると、結果、自然と余分な脂肪も減って、ダイエットすることになります。

ようやく理想体重をキープできるようになったのが”足し算ダイエット”

私はこれまで、さまざまなダイエット法を試してきました。

その中で、ようやく理想体重をキープできるようになったのが”足し算ダイエット”です。

足し算ダイエットでは、無理なく続けられる方法のみを継続し、その数を増やしていきいます。

夕飯の炭水化物を減らす

おやつのカロリーを決める

買い物に歩いていく

週に3日は納豆を食べる

食物繊維を意識して多く摂る

筋トレやストレッチ

など、まずは一つの方法から、それが身につき、問題なく続けられるようになったら、新しい別の方法。

という風に、どんどん足し算していくことで、ストレスなくダイエットできました。

試してみて継続できなかったダイエットは、無理せず候補から外します。

他のダイエット法が身についてから、再度復活させるとうまくいく場合もありますので、自由に実験してみてください。

毎日体重を測るのも、大切です。

例えば、炭水化物を減らす場合、減らした分だけ体重が落ちるのは当然なのですが、女性の場合は生理周期やホルモンバランスの関係で、水分んを溜め込みやすい時期があります。

毎日の体重や生理、お通じの有無などを簡単にメモするだけで、落ちなくても当然の時期が見えてくるので、焦らずに継続できました。